グラフィック

アイコンのサイズの変更

スポンサードリンク

パソコンを毎日使っていると自分仕様にカスタマイズしたくなってきたときに、気になってくるのはデスクトップやタスクバーのアイコンのサイズではないでしょうか。

今回はWindows10のパソコンでタスクバーやデスクトップ、スタートメニューのアイコンサイズを変更する方法をご紹介します。

タスクバーのアイコンのサイズ変更

タスクバーのアイコンサイズを変更するのは、タスクバーそのもののサイズを変更する必要があります。
起動しているソフトウェアやタスクバーにピン止めしているアイコンのみのサイズを小さくすることはできませんので、下記の方法でタスクバーとアイコンのサイズ変更をしてみましょう。

タスクバーの何もないところでマウスで右クリックし表示されたタスクバーメニューの中から「タスクバーの設定」をクリックして開いてください。

表示された左側のメニューより「タスクバー」を選択すると、下図のようなメニューが表示されます。
デフォルトの状態では「小さいタスクバーボタンを使う」「オフ」になっており、オフの状態が標準のアイコンサイズでの表示です。

「小さいタスクバーボタンを使う」「オン」にするとタスクバーも幅が狭くなり、同時にアイコンも小さくサイズ変更ができます。
タスクバーによく使うアプリなどを沢山ピン止めしたい場合には、「小さいタスクバーボタンを使う」を「オン」にして表示できるアイコン数を増やすと良いですね。

デスクトップアイコンのサイズ変更

デスクトップのアイコンのサイズを変更する場合には下記の方法が一番シンプルで簡単です。

デスクトップを右クリックすると「表示」項目が出てきますので、マウスのカーソルを合わせるとアイコンサイズの選択画面となります。

アイコンサイズは「小アイコン」、「中アイコン」、「大アイコン」の3種類となっているので、お好みのサイズをクリックすればアイコンサイズが変更されます。

TIPS:モニタの解像度にあわせてアイコンの大きさを変更したい場合

最近は高解像度のモニタが増えており、アイコンがモニタの解像度の仕様によって小さすぎて見えづらかったり、逆に大きく表示されすぎてしまったりすることがあります。
そんなときには、「拡張縮小とレイアウト」の設定を変更してみましょう。

変更の手順は、Windowsのスタートボタンの歯車アイコンをクリックして、「Windowsの設定」を表示させ、「システム」をクリックします。

「システム」画面の左側メニューより「ディスプレイ」を選んでください。

ディスプレイの設定画面の中の「拡大縮小とレイアウト」の下部の「テキスト、アプリ、その他の項目サイズを変更する」よりお好みの拡大率(%)を選択すれば、アイコンなどの表示サイズが変更されます。

 

スタートメニューのアイコンのサイズ変更

Windows10のパソコンでは「タイル」と呼ばれているスタートメニューからソフトウェア等を起動します。
タイルのアイコンサイズの変更は下記の手順で実施してみましょう。

画面左下のWindowsマークをクリックしてスタートメニュー(タイル)を表示させます。

表示されたタイルの中のアプリケーションから任意の物を選択し、右クリックしてください。
右クリックすると「サイズ変更」が表示されます。

サイズ選択画面からお好みのサイズを選択すれば、アイコンサイズが変更されますので確認してください。
下図は「小サイズ」に変更後のアイコンです。

スポンサードリンク

-グラフィック

© 2022 Windows10情報