システム

スリープに関する設定

スポンサードリンク

スリープ機能はオフィスで仕事をしている方にはお馴染みのパソコンの機能です。
休憩などの短い時間に席を離れる時、パソコンをスリープ状態にしてパスワードロックをかける設定にしておけば、他の人がパソコンが操作できないようになりますので安心ですね。
また、シャットダウンと違って開いていたファイルやソフトもそのままの画面で復帰ができるので、スリープ状態から復帰をおこなうことで、すぐに作業に取り掛かれます。

今回は便利なスリープ機能について、設定方法や注意点を確認していきましょう。

電源ボタンを押すとスリープになる設定

Windows10ではパソコンの電源ボタンを押したときに、どのような終了方法をさせるか設定することができます。
基本的なスリープの設定方法について確認していきましょう。

設定を行うにはWindowsの歯車アイコンからシステムの設定をおこなっていきます。

Windowsの設定画面が開きますので「システム」をクリックしてください。

左側の項目より「電源とスリープ」を選択すると設定画面が表示されますので、関連設定の中の「電源の追加設定」を選択します。

電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

「電源ボタンを押したときの動作」の項目で”バッテリ駆動”の場合と”電源に接続”している場合で、それぞれ電源ボタンの動作が選択できます。
お好みの設定に変更後、下部の「変更の保存」ボタンを押せば設定完了です。

画面を閉じるとスリープになる設定(ノートパソコン)

ノートパソコンの場合は、パタンと画面を閉じたときにスリープ状態にできるよう設定をすることが可能です。
設定方法は電源ボタンを押したときのスリープ設定と途中まで同じで、Windows設定画面からシステム設定を開き、「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックします。

「カバーを閉じたときの動作」の項目で”バッテリ駆動”の場合と”電源に接続”している場合で、それぞれ電源ボタンの動作が選択できます。
お好みの設定に変更後、下部の「変更の保存」ボタンを押せば設定完了です。

スリープを解除する方法

スリープを解除するときには、電源ボタンを1回軽く押すとパソコンで作業途中だった画面もしくはパスワード入力の画面が表示されます
電源を入れるときと同じ操作で、長押しなどする必要はありません。

もし電源ボタンのみでスリーブが解除されない場合は、キーボードの矢印キーやエンターキーなどを押してみて解除されるか確認をしてみてください。

スリープからの復帰にパスワードを求める設定

特に仕事でパソコンを使用する際には、先を離れるときのパスワードロックが必須です。
スリープ状態から復帰されるときにも、パスワードを求めるよう設定ができますので確認しておきましょう。

設定方法は同じく歯車アイコンのシステムからおこないますが、今回は「アカウント設定」から設定を行う必要があります。

アカウント設定を開いた後は左側メニューで「サインインオプション」をクリックすると、「サインインを求める」という項目が表示されます。

「PCのスリープを解除する時間」が選択されている状態になっていれば、スリープ解除のときにパスワード入力が求められます。
(※会社や組織のセキュリティポリシーで変更ができない場合を除いて、ご自身で「なし」に設定することも可能です。)

スリープにさせない設定

便利なスリープ機能ですが、一定時間経過すると自動的にスリープになってしまう設定を解除すること(スリープにさせない設定)もできます。

設定方法は同じく歯車アイコンのシステムからおこないます。

左側の「電源とスリープ」をクリックすると、スリープの項目が表示されますので、「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」の時間を「なし」に設定すれば、パソコンが自動でスリープになることはありません。

 

TOPIC:スタンバイやサスペンドとスリープについて

便利なWindows10のスリープ機能ですが、パソコンの状態を一時休止状態にすることを、スタンバイもしくはサスペンドと言われることがあります。
実はこの3つの言葉は全て同じ意味で、WindowsOSのバージョンによって呼び名が変わっていきました。WindowsVista以降ではスリープ、Windows98以降でスタンバイ、Windows95はサスペンドと呼んでいます。

TOPIC:スリープと休止状態(ハイバネーション)の違い

実はWindows10のパソコンには初期設定ではオフになっていますが、「休止状態(ハイバネーション)」という電源オプションを選ぶこともできます。
スリープが開いていたファイルやソフトもそのままの画面で高速で復帰ができる機能であることに対して、休止状態(ハイバネーション)はシャットダウンとスリープの間の状態です。

休止状態(ハイバネーション)を選択した場合には、スリープと同様に開いていたファイルやソフトもそのままの画面でパソコンの電源を切ったような状態となります。スリープよりも消費電力が少ないことがメリットですが、休止状態の場合には、スリープよりも起動速度が遅くなることがデメリットですね。

また、スリープはメモリ上に作業中のデータを保存することで、復帰時の高速起動を可能にしていますが、急に電源が落ちてしまうと作業中で保存していないデータが失われる可能性があります。対して、休止状態(ハイバネーション)の場合には、ハードディスクへ作業中データを保存するので急に電源が落ちてしまっても、データが失われる可能性が低いことがメリットです。

 

 

スポンサードリンク

-システム

© 2022 Windows10情報