システム

拡張子を表示させる方法

スポンサードリンク

パソコンに保存されたファイルやインターネットにアップされているファイルなどを見ていて、どのアプリケーションで開けばいいのか分からないとお困りになったことはないでしょうか。

ファイルの種類や使用するアプリケーションを判別したいときには「拡張子」の表示を見ることで簡単に判別ができます。
しかしながら、Windowsのパソコンではデフォルトで「拡張子」の表示はオフになっていますので、今回はWindows10のパソコンで「拡張子」を表示させる方法を確認していきましょう。

拡張子とは

拡張子とは、ファイル名の後に付くピリオド「.」の後に続く英数字のこと。例として、下記のような拡張子を目にされる機会が多いのではないでしょうか。

「.mp4 」=音楽/動画ファイル、「.docx」=文書ファイル、「.exe」=プログラムファイル 等

拡張子はファイルの種類を表しており、不適切に編集をしてしまうとファイル自体が開けなくなってしまうので注意が必要です。
また、使用するアプリケーションなどによって、対応するファイルの拡張子が制限されていることもあります。例えば、画像ファイルを特定のインターネットなどにアップロードするときに、.pdf形式ではエラーになってしまう場合があるなどファイルの種類によって使用ができない場合がありますので、アプリケーションなどを購入する際などには、事前に対応する拡張子(ファイルの種類)を確認しておくと安心ですね。

拡張子を表示させる方法

ファイルの拡張子が表示されていない場合、デスクトップに保存したファイルは下図のような表示となります。

ファイル名の後ろにピリオド「.」と英数字が続く表示となっていれば、ファイルの拡張子が表示されています。

ファイルの拡張子を表示される方法で一番簡単なのはエクスプローラーからの設定となりますので、設定方法を確認していきましょう。

1.Windowsアイコンを右クリックし「エクスプローラー」を開きます。

2.エクスプローラー画面が表示されたら、上部の「表示」のタブをクリックしてください。

3.「表示」タブをクリックするとデフォルトで「ファイル名拡張子」のチェックボックスはオフになっています。

4.「ファイル名拡張子」のチェックボックスをオンに変更すると、ファイルの拡張子が表示されますので確認してみましょう。

システムファイルについて

Windowsのパソコンでは確認した通り、デフォルトではファイル拡張子名の表示はオフになっていますが、もう1つデフォルトで表示自体がオフになっているファイルがあります。

表示がオフになっているのは、システムファイルです。OS(オペレーティングシステム)の動作に必要なシステムファイルをユーザーが削除・変更することを防ぐためデフォルトで非表示となっており、また誤操作の帽子のため非表示での使用が推奨されています。

システムファイルを表示させたい場合には、拡張子の表示と同様の手順でエクスプローラーから設定の変更を行います。

1.エクスプローラーを開きます。

2.エクスプローラー画面が表示されたら、上部の「表示」のタブをクリックし、「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」のチェックをオンにします。

3.右側の「オプション」から「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリックして開きます。

4.フォルダーオプション画面の「表示」タブの最下部に「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」の項目を確認します。
デフォルトではチェックはオンになっており、システムファイルを表示しない設定です。

5.「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックをオフにします。
オフを選ぶと下図の警告画面が表示されますので、「はい」を選択してください。

6.「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックがオフになっていることを確認し、「OK」を押すとシステムファイルがエクスプローラー上などに表示されます。
※システムファイルについて、通常利用時は誤って操作してしまうことを防ぐためチェックオンにして表示させない設定をおススメします。

 

スポンサードリンク

-システム

© 2022 Windows10情報