システム

Windows.oldというファイルについて

スポンサードリンク

Windows10にはCドライブに「windows.old」というファイルがあります。

今回はWindows10における「windows.old」について詳しく解説していきます。

 

Windows.oldファイルについて

Windows.old というファイルは、Windowsアップグレード前のWindows の情報が記録された巨大なファイルです。

 

以前のバージョンで使用されていた重要な情報が含まれていて、Windowsアップデートを行った後に1Cドライブ直下に作成されます。

 

Windows.oldファイルは、回復オプションで前のバージョンに戻すときに使用したり、今まで使っていたドライバーを検索したりするときに用いられます。

ディスククリーンアップを実行すると消すことができてしまうので注意が必要です。

 

Windows.oldを削除する方法

Windows.oldはWindows10のアップグレード前の情報についてのファイルなのでいざという時に役に立ちますがHDDの容量を使用してしまいます。

 

Windows.oldは削除することも可能です。パソコンの容量が不足している場合は削除を検討しても良いでしょう。

とはいっても、システムにとって重要なファイルでもあるためエクスプローラから削除することはできません。

 

別な方法で削除する必要があります。

※最新のWindowsアップグレードに問題ないことを確認してから削除してください。

「Windows.old」削除後にトラブルが発生したら、アップグレード前の環境に戻せなくなるので必ず自己責任で削除するようにしてください。

 

1.画面下の「Windows」マークをクリックし、スタートメニューを開きます。

2.「ディスク クリーンアップ」をクリックします。

3.「システム ファイルのクリーンアップ」をクリックします。

4.「Windows アップグレードログファイル」にチェックを入れ、「OK」をクリックしたら完了です。

スポンサードリンク

-システム

© 2022 Windows10情報