トラブルシューティング

Windows 10 を強制終了させる方法

スポンサードリンク

Windows10を使用している時に、パソコンの画面が静止(フリーズ)してしまったり、マウスやキーボードが反応しなくなって何も操作できなくなってしまった場合は

Windows10を強制する必要があります。

 

ここでは、Windows10を強制終了させる方法に解説していきます。

 

Alt+F4 で強制終了させる方法

キーボードかマウスの操作ができる場合は以下の手順で強制終了することができます。

 

1.「Alt」キー+「F4」キーを押します。

2.「Windowsのシャットダウン」が表示されたらプルダウンの「シャットダウン」を選択し、「OK」をクリックします。

※開いているタブがある場合は「Alt」キー+「F4」を押すたびに強制的に閉じられます。

 

Ctrl+Alt+Delete で強制終了させる方法

キーボードかマウスの操作ができる場合は以下の手順で強制終了することができます。

 

1.「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Delete」キーを押します。

2.「電源マーク」をクリックするか「Tab」で移動し「Enter」を押します。

3.「シャットダウン」をクリックするか「Tab」で移動し「Enter」を押します。

 

 

電源の長押しで強制終了させる方法

上記手順ではマウス操作でシャットダウンをクリックしてパソコンの電源を落とすことになりますが、パソコンが静止(フリーズ)してしまったり

マウスが反応しなくなってしまった場合はこの方法で電源を落とすことができません。

処理が長がすぎてシャットダウンもできなくて電源をどう落とすか困ってしまうことありますよね。

 

最終手段ではありますが、パソコンの電源ボタンを長押しすることで強制終了することができます。

Windows10を強制終了するには、お使いのパソコンの電源ボタンの位置を確認し電源ボタンを4秒以上押し続けてください。

 

パソコンの電源が切れることを確認してください。

※arrows Tabなどの一部端末だと電源を長押ししても10秒以上かかるので、電源が消える最後まで長押ししてください。

スポンサードリンク

-トラブルシューティング

© 2022 Windows10情報