メンテナンス

Cドライブの容量をあける方法

スポンサードリンク

C ドライブ(パソコンの一番メインとなる記憶ディスク)の空き容量が減ってくると、動作が遅くなったり不安定になったりします。

Windows10 では「ストレージセンサー」という機能を使うことにより自動的に不要なファイルを削除してCドライブの空き容量を確保します。

ストレージセンサーの使い方は次の通りです。

■ストレージセンサーを使ってCドライブの空き容量をあける方法

1.スタートボタンを押して歯車のマークの「設定」アプリを開きます。

2.「システム」をクリックします。

3.「記憶域」をクリックします。

4.トグルスイッチがオフになっていればオンにして、「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックします。

5.ストレージセンサーの設定画面が開くので各種設定をします。

→ストレージセンサーを実行するタイミング

基本は「ディスクの空き領域の不足時」のままでよいですが、もともとの容量が128GBほどの場合には、「毎日」に設定すると良いでしょう。

→一時ファイル

基本は「30日」と「許可しない」でよいですが、インターネットを頻繁に使う人や、ISOファイルや動画などの大きなファイルをダウンロードする人は、ダウンロードの項目は14日に設定したうえで、都度ダウンロードしたファイルを削除しておくと良いでしょう。

→OneDrive

「許可しない」のままが良いです。Onedrive 100GBや1TBなどの契約をしている人は大きなファイルを置きがちですが、なるべく大きなファイルは保存しないように心掛け、Cドライブの空き容量を確保しましょう。

 

6.今すぐ空き領域を増やすの「今すぐクリーンアップ」をクリックして、ディスク容量を確保します。

 

 

Cドライブの空き容量を増やす方法の動画

スポンサードリンク

-メンテナンス

© 2022 Windows10情報