使い方

クリップボードの使い方

スポンサードリンク

パソコンでの作業では文章や画像をコピーして貼り付けを行うことが多いと思います。

その時に活躍するのが「クリップボード」です。

 

ここでは「クリップボードとは何か」、「クリップボードの使い方」などを解説していきます。

 

クリップボードとは

クリップボードは文字や画像をコピーすると、一時的に保存される場所のことです。

あくまで一時的な領域であるため、「クリップボード」というアプリケーションとして機能しているわけではありません。

クリップボードに保存されたものは、右クリックで「貼り付け」か「Ctrl」+「V」を押すことで貼り付けることができます。

ファイルとして保存されるわけではないので、基本的には次にコピーすると前に保存していたものは書き換えられてしまいます。

 

グリップボードのコピーと貼り付けは以下のように行います。

※文字でクリップボードを利用する例です。

 

1.コピーする文字にカーソルをあて「右クリック」>「コピー」をクリックします。

グリップボードにコピーされます。

2.貼り付ける箇所で「右クリック」>「貼り付け」をクリックします。

3.1でコピーした文字がクリップボードから貼り付けされます。

 

グリップボードの履歴の参照と貼り付け

Windows10ではグリップボードへのコピー機能が強化されグリップボードへのコピーの履歴の参照と履歴から貼り付けを行うことができるます。

 

グリップボードの履歴の確認

グリップボードの履歴を確認するには以下の手順で行います。

1.「Windowsキー」+「V」を押します。

2.クリップボード一覧にコピーした文字があることを確認してください。

 

※複数のコピー履歴がある場合

 

グリップボードの履歴から貼り付けする方法

グリップボードの履歴から貼り付けをするには以下の手順で行います。

 

1.文字をコピーする

2.貼り付ける場所にカーソルを当てて「Windowsキー」+「V」を押します。

 

3.履歴から貼り付けるものをクリックします。

4.クリップボードから貼り付けられていることを確認してください。

 

クリップボードの中身をクリアにする方法

クリップボードに保存するとパソコン内部に残り続けますが、クリップボードに保存した内容をクリアすることができます。

クリップボードの中身をクリアにするには以下の手順で行います。

 

1.「スタート」で右クリックをして、「プログラム一覧」を表示します。

 

2.「設定」をクリックします。

3.「システム」をクリックします。

4.「クリップボード」をクリックします。

5.「クリップボードのデータをクリア」欄にある「クリア」をクリックします。

 

クリップボード拡張アプリ

ここではクリップボードの拡張アプリを紹介します。

 

Clibor

Cliborは、コピーしたテキストデータを最大1,000件分まで保存して利用できるます。
登録しているクリップボードデータの編集、削除、小文字⇔大文字の変換や、全角⇔半角の変換に改行コード削除なども行えます。

ダウンロードはこちらから行えます。

 

ポイントクリップ

エラーメッセージやアラートにシステムのバージョン情報など

通常コピーすることができないボタンやラベルなどの画面の文字をコピーできます。

ダウンロードはこちらから行えます。

 

PasteCopy.NET

アイコンにマウスカーソルを乗せると、クリップボード内容をプレビュー表示できて
HTMLデータ、テキスト、RTFに、RTFデータをテキストに自動変換して整形する機能があります。

ダウンロードはこちらから行えます。

スポンサードリンク

-使い方

© 2022 Windows10情報