使い方

休止状態を使う方法

スポンサードリンク

Windows10のパソコンを使っていてパソコンを終了させるとき、次回の起動には時間がかかってしまうことにストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

少し席を離れるときなどは画面にロックをかけて、起動させているプログラムやファイルをメモリ上に残した状態で、電源の供給を止めることができる機能である「スリープ」を使われる方も特にビジネスマンの方には多いかと思います。しかしながら、スリープの場合にはメモリ上にデータを保存しているので、もし停電などが発生していしまうと作業中のデータが失われてしまう可能性がありますね。また、スリープ状態でもデータ保存のために電力は使われていますので、長時間スリープの状態にしてしまうと、ノートパソコンはバッテリが切れてしまう心配もあります。

次回パソコンを使用するときに素早く作業に復帰できるようにするためには、「スリープ」ももちろん便利ですが、もう一つパソコンを「休止状態」にして消費電力を抑える機能があることをご存じでしょうか。「休止状態」は「スリープ」とは異なり、メモリではなくハードディスクにデータを保存しますので、停電やバッテリ切れで電源が落ちてもデータが消える可能性が低くなるというメリットがあります。

「休止状態」からの復帰は「スリープ」よりも速度は落ちますが、両機能を使い分けることで、パソコンの電源消費の問題、データ喪失の可能性の問題を解決することができますので、「休止状態」も設定を覚えておいたほうがよいでしょう。それでは、「休止状態」の設定について確認していきます。

休止状態を使うための設定

Windows10のパソコンでは初期設定では「休止状態」にするメニューが有効になっていないため、以下の方法で有効にしていきます。

1.Windowsマークを右クリックし歯車アイコンで表示されている設定をクリックします。

2.「Windowsの設定」画面が表示されますので、「システム」をクリックします。

3.「システム」をクリックした後に、左側メニューの「電源とスリープ」を選択し、画面内の「電源の追加設定」をクリックしてください。

4.「電源オプション」画面が表示されたら、「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

5.画面内の「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックしてください。

6.デフォルトでは「休止状態」はチェックオフになっていますので、チェックオンにして「変更の保存」をクリックすれば「休止状態」がメニューに表示されるようになります。

休止状態にする方法

システムの設定で「休止状態」がオン(有効)にできたら、電源メニューから「休止状態」が選択できるようになります。

Windowsのスタートボタンを左クリックすると、電源マークが表示された後に電源メニューを表示させると「休止状態」が表示されます。

または、デスクトップ上で「Altキー+F4キー」を同時押ししたときに表示されるシャットダウンメニューの中にも、「休止状態」は表示されますのでこちらからパソコンを「休止状態」にすることも可能です。

スポンサードリンク

-使い方

© 2022 Windows10情報